「福田−安保理論」をベースにした、自律神経と免疫に関する話を集めてみました

血液検査表の見方

文字サイズ:

血液検査表の見方

白血球の分画が必要

福田−安保理論では、白血球数、リンパ球の比率、リンパ球の実数を指標にしています。

そのためには、白血球の5分画(ぶんかく)、あるいは白血球の3分画を調べる必要があります。

血液検査表(一部抜粋)の検査値が、以下の表の、検査例ようになっていたとしましょう。

項目 検査例   理想値(/μl)  
白血球数(WBC) 6000 5000〜7000/μl 
白血球像  顆粒球  好中球(NEUTR) 54 54〜60%
好酸球(E)  3
好塩基球(B)  1
リンパ球(L) 36 35〜41%
単球(Mon) 6 5%前後

白血球の総数は6000/μlで、理想値の中に入っています。

顆粒球(好中球+好酸球+好塩基球)の比率は58%で、理想値の中に入っています。

リンパ球の比率は36%で、理想値の中に入っています。

1μl(マイクロリットル=1000分の1cc)当たりのリンパ球の実数は、理想値が1800〜2300です。

この検査例では6000/μl×36%の、2160になります。

リンパ球の実数も、理想値の中に入っているといえます。

ぜんそくやアトピー性皮膚炎などの、アレルギー性疾患では、好酸球の割合が高い場合が多くみられます。

ときとして、10%を超える場合もあります。アレルギー性疾患では、好酸球が1桁になってこないと、完治という状態になっていないことが多くあります。

アレルギー性疾患では、好酸球の割合も重要な指標です。

白血球数とリンパ球の比率と体温

白血球数とリンパ球の比率と体温
「白血球数とリンパ球の比率」のグラフは、縦軸に白血球数、横軸にリンパ球の比率をとっています。

先に述べたように、理想値は白血球数5000〜7000/μl、リンパ球の比率は35〜41%です。

グラフの灰色のアミがかかった範囲に入っていれば、理想値といえます。ただし、このグラフでは、リンパ球数1750〜2870/μlの間が理想値になっています。年齢にもよりますが、2870/μlだとちょっとリンパ球が多いといえます。

その下のグラフは、「体温と足の冷え」を現しています。横軸に体温(理想値は36.2〜36.8℃)をとり、足の冷えがあるかどうかで、横軸の上下で分けています。

足の冷えがなければ、横軸より上に位置し、足の冷えがあると横軸より下に位置します。足の冷えが強いほど、横軸から離れていきます。

灰色のアミがかかった範囲に入っていれば、理想的だといえます。

体温が理想値にあって、足の冷えがなければ、「頭寒足熱」の血流がよい状態だといえます。体温が理想値にあっても、足の冷えがあれば、「頭熱足寒」の血流が悪い状態であるといえます。



a:2049 t:1 y:0

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional