「福田−安保理論」をベースにした、自律神経と免疫に関する話を集めてみました

血液、リンパ

血液、リンパ

血液、リンパ

血液、リンパが本来の働きをしていれば、生活習慣病にかかりにくくなります。血液、リンパの流れが悪くならない生活を送りましょう。自律神経のバランスが、交感神経優位になりすぎると血管が収縮し、副交感神経優位になりすぎると血管が過度に拡張し、どちらも血液の流れが悪くなります。

リンパは、血液と違って末端から中心に向けて流れていきます。リンパの流れが悪くなると、尿酸などの老廃物を、スムーズに体外へ排出できなくなります。

a:2717 t:2 y:3

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional