「福田−安保理論」をベースにした、自律神経と免疫に関する話を集めてみました

ミトコンドリア系とビタミン

文字サイズ:

ミトコンドリア系とビタミン

生活習慣病とは慢性的な「乳酸アシドーシス」

生活習慣病」とは、ミトコンドリアの機能低下と考えてよいと思います。したがって、生活習慣病は、ミトコンドリアの機能を本来の姿に戻せばいいだけです。

ミトコンドリアの機能が低下するのは、「低体温」「低酸素」「血液の酸性側への傾き」(健康な状態では弱アルカリ性のpH7.35〜7.45ですが、7.35未満になる)の状態です。このような状況になると、ミトコンドリアの機能低下によって十分なエネルギー(ATP)が得られないため、解糖系のエネルギー産生が盛んになります。

解糖系のエネルギー産生が高まると、炭水化物(ブドウ糖)からエネルギーをつくり、その際に副産物として乳酸が産生されます。ミトコンドリア系が十分に働いている場合は、副産物の乳酸も栄養としてエネルギー産生に使われます。しかし、解糖系はブドウ糖のみを利用するため、細胞内で乳酸が余った状態になります。

酸性である乳酸が細胞内で余っていくと、慢性的な乳酸アシドーシス(pHが本来の状態よりも酸性側に傾く)状態になります。酸乳アシドーシスは、乳酸の過剰産生、代謝低下により起こります。アシドーシスの状態になると、ミトコンドリア系はますます働きが悪くなります。

乳酸の過剰産生とは解糖系の亢進、乳酸の代謝低下とはミトコンドリア系の機能低下のことです。

ビタミンB1を不足させない

ミトコンドリア系の働きを本来の姿に戻すには、「低体温」「低酸素」を改善するとともに、ビタミンとミネラルが不足しない状況にすることが大切です。

ミトコンドリア系では、ATPをつくるために、クエン酸回路を働かせます。この際に、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、 葉酸、ビオチン、ビタミンCといったビタミンが必要になります。

とくに大切なのが、ビタミンB1です。ビタミンB1をはじめとしたビタミンが不足すると、クエン酸回路が働かないため、解糖系によってエネルギーを得ることになります。

ビタミンB1を中心としたビタミンB群を多く含む食品をとるのが基本ですが、ビタミンB群を含むサプリメントを利用するのもいいでしょう。

また、ビタミンだけでなく、ミネラルも必要なので、ミネラル不足にも注意しましょう。とくに、食事がコンビニや外食を多く利用している方はビタミン、ミネラルともに不足がちになります。



a:1874 t:1 y:0

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional