「福田−安保理論」をベースにした、自律神経と免疫に関する話を集めてみました

ガンはすべての人にできている

文字サイズ:

ガンはすべての人にできている

生活習慣が発症の大きな要因

生まれたばかりの赤ちゃんでも、微小なガンはできています。その意味では、すべての人が「ガン患者」といっていいでしょう。

しかし、ガンが検診で発見される大きさ(精度にもよりますが、数ミリから1センチほど)になるまでには、年単位、あるいは数十年単位の時間がかかります。

一般的には、ガン検診(その後の精密検査を含みます)で発見されて、はじめて「ガン患者」となるのです。

しかし、先にも述べたように、微小のガンはだれにでもあります。では、なぜガンが発見できる大きさになる人と、発見できる大きさにならない人がいるのでしょうか。

ガンは、生活習慣病の代表と言われています。生活習慣病という以上、生活習慣が大きな要因を占めるわけです。

もちろん、遺伝も多少は関係しますが、先天的なものでなければ、ストレス、食事や考え方などが大きな発症要因となります。

厳しい言い方になりますが、「ガンが検査で発見される大きさになるには、生き方に原因があった」ということになります。

ガンは感染症ではありません。自分自身の生活習慣が免疫を低下させ、「ガン」という結果を招いています。

生活習慣を変えることがポイント

逆に考えれば、生活習慣を改めていけば、「ガンは消えないまでも、検査では発見されない大きさに縮小する」ことができるのです。

生活習慣病は、患者さん自身でしか治せません。3大療法(手術、抗ガン剤、放射線)を行っても、生活習慣を変えない限り、再びガンが検査で発見される大きさになっていきます。

いったん縮小したガンが大きくなる場合もありますし、他の部位で新たなガンが見つかることもあります。

医療に頼りきっているだけでは、ガンが再発する可能性が高くなります。しかも、3大療法によって低下した免疫力が回復していない状態だと、ガンの進行は早くなります。

繰り返し言いますが、「ガンは患者さん自身でしか治せません」
ガンだけでなく、すべての生活習慣病もまったく同じです。
生活習慣病は、「患者さん自身しか治せない病気」なのです。



a:1388 t:1 y:0

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional