「福田−安保理論」をベースにした、自律神経と免疫に関する話を集めてみました

ガンの自然退縮の条件

文字サイズ:

ガンの自然退縮の条件

ミトコンドリア系の働きを高める

私たちが体内でエネルギ―を産生するのは、解糖系とミトコンドリア系の2つになります。解糖系は、効率はよくないのですが、瞬時にエネルギ―をつくり出します。その際に、酸素は必要ありません。ミトコンドリア系は、エネルギ―効率はよいのですが、エネルギ―をつくり出すのに時間がかかります。また、酸素を必要とします。

ガンが増殖するのは、解糖系が働きやすい環境にあるからです。解糖系が働きやすい環境から、ミトコンドリア系が働きやすい環境に変われば、ガンは自然退縮に向かいます。

解糖系が働きやすい環境は、低体温、低酸素、高血糖の3条件です。ガンが自然退縮するには、体温を上げ、酸素を増やし、その結果として血糖値が下がる必要があります。

ただし、ガン細胞を直接攻撃するために、42℃以上の体温にするといった温熱療法はあまりお勧めできません。ガン細胞の死滅の前に、体力が持たないからです。

免疫が働きやすい、直腸の温度が39.0℃前後の状態に体温を高めればよいのです。40〜41℃くらいのお風呂が、この条件に当てはまります。ただし、我慢して長時間お風呂に入っていると、血栓ができやすくなります。温まって、もう出ようと感じたときは、無理せずお風呂から上がってください。

酸素を十分に摂り込む

酸素を十分に摂り込むには、横隔膜を動かす深呼吸をしましょう。

「増殖したガン細胞が、免疫だけで縮小に向かうはずはない」「免疫をかいくぐって大きくなった腫瘍を、免疫力で縮小させることができるとは思えない」という反論があります。

たしかに、体内の環境が変わっていなければ、ガンの退縮は起こらないでしょう。しかし、体温を上げ、酸素を十分に取り込み、その結果として血糖値が下がる環境になれば、免疫が再び元の状態に戻って、十分な働きをします。その結果、ガンの退縮が起こります。

ガンが退縮する条件がわかっていれば、その条件を整えて、自分自身の免疫を信じて待つことです。低下しているミトコンドリアの機能が高まることで、エネルギ―の産生がミトコンドリア系になり、ガンの増殖は止まります。さらに、体温が高くなって元の状態に戻ったリンパ球の働きにより、ガン細胞が縮小に向かいます。



a:2295 t:1 y:0

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional